平安祭典

葬儀コラム

column

初七日から始まる「法要」

カテゴリ

大切なのは故人を偲ぶこと、心を込めて供養しましょう

大切な家族の法要をどこで執り行うか、迷った経験のある方は多いと思います。法要の場所も、住宅事情やライフスタイルに応じて変化しつつあるようです。

法要とは、故人を偲び供養するものです。亡くなった日を含め、7日目ごとに行うのが一般的です。

最初の法要「初七日」からら始まり、忌日(きにち)の終わりとして埋骨などを行う「四十九日」「三十五日」、亡くなった翌年の祥月命日に行う「一周忌」、以後「三回忌」「十三回忌」「二十三回忌」「三十三回忌」「五十回忌」と続きます。

法要は、以前は自宅で行っていましたが、住宅事情が変化したことなどもあり、最近は葬祭場で執り行うケースも多くなっています。利用者からは、仏様へのお参りと参列者の会食が1カ所で済ませられると喜ばれています。

大切なご親族の法要についてのご相談は、お近くの平安祭典にお問い合わせください。

よく読まれている記事

平安祭典・ユウベルグループ
トップに戻る