平安祭典

葬儀の知識

仏教の教え、日本の伝統や習慣などによる
一般的な葬儀の知識をご紹介します。

会葬者の服装・アクセサリーは?

※地域や宗教宗派によって内容が異なる場合があります。

最近では通夜と葬儀の服装の境目があいまいになり、どちらもフォーマルスーツを着用する人が増えているようですが、急な訃報に接し仕事先や外出先等から通夜に駆けつけるような場合には、地味な色の平服でも構いません。

 

<男性>

男性の場合は黒のフォーマルスーツ(通夜の場合はごく深いグレーのダークスーツも可)に白シャツ・黒ネクタイを着用するとよいでしょう。靴下・靴は黒を履き、目立つ金具のついた靴は避けたほうがよいでしょう。
ゴールドの時計・ブレスレットなど結婚指輪以外のアクセサリーは外し、ネクタイピンもつけないのが一般的なようです。

 

<女性>

女性の場合は黒のフォーマルスーツかワンピース(通夜の場合は地味な色のスーツやワンピースも可)がよいでしょう。ただし肌の露出が多い服装は避けてください。また、ストッキング・靴は黒にし、男性と同様に目立つ金具のついた靴は避けましょう。
お化粧はナチュラルメイクで清楚にし、アクセサリーも結婚指輪以外は外します。真珠のネックレスについては色々な考えがあるようですが、つける場合でも小振りで1連のものまでにとどめたほうがよいでしょう。

 

<お子様>

学校の制服があれば、制服が正式な礼装となりますので、通夜・葬儀についても制服着用で大丈夫です。制服がない場合は、白いシャツやブラウスに黒・紺・グレーなどのズボンやスカート、ブレザーやカーディガン・セーターなどを合わせましょう。お子様がまだ幼く難しい場合は、地味な色の服装であれば失礼にあたりません。

その他の「その他」 の記事

平安祭典・ユウベルグループ
トップに戻る